オイルの仕込み時?!

シリアとトルコの戦い報道が近頃見なくなりましたが、終わってくれたのかな?
だと良いんだけど。

と、思いながら、調べてみました。

すると、ヤフー知恵袋に、

「シリアとトルコの戦争は、ありえますか。」がく〜(落胆した顔)

という質問があり、その回答として、

「ギリギリのところでトルコが躊躇すると思います。
エルドアン首相やダオドール外相は、攻撃したくてうずうずしてますが(反政府派自由シリア軍の劣勢が伝えられるので)、トルコ国民の多くが開戦に反対しています。
例の砲撃事件にしても、ドイツやイギリスのメディアからも「自由シリア軍からの砲撃説」が出ているくらいだし、シリア民間機強制着陸事件も、結局トルコ政府が言うような「違法な軍事機器」は発見できず、ロシアを怒らせただけ。
シリアに近いアンタクヤはもちろん、イスタンブール、アンカラでも「アメリカの代理戦争反対」のデモが起きていますし、トルコ政府系の新聞からも「やりすぎ」「外交政策を見直せ」と書かれる始末。」

また、

「「お山の大将」エルドアンと「世界の警察」アメリカが、メンツのために強引に開戦する危険性もありますが…」もうやだ〜(悲しい顔)

ともあります。

私も同意見です。

ただ、最後の部分、「メンツのため」というよりも、世界恐慌が第一次世界大戦のお陰で立ち直ったように、この打つ手無しの行き詰ってる景気を打破する為に、どこかで戦争を起こすだろうと思われるので。

日本も中国、韓国、ロシアで領土問題があり、キナ臭さがあって、冷や冷やします。ちっ(怒った顔)

得するのは、武器を作っては売り歩いてるアメリカなんですから、冷静になって欲しいです。

話が逸れちゃいましたが、中東で戦争が起こる、いえ、起こりそうになると、上るものがあります。

そう、石油です!

CFDなら、個人でも扱えます。

ちょっと仕込んでおくのもいいんじゃないかな?

なお、CFDでお薦めの業者は、CFD取引の世界No.1IGマーケッツ証券株式会社で〜すexclamationわーい(嬉しい顔)


FXは、SBIFXが圧倒的にスプレッドが狭いのでお薦めできませんが・・・ふらふら

原油先物CFDの手数料は、IGマーケッツ証券の場合、無料です。
コストは売り買いのスプレッド、ドル建て取引決済時の両替コストのみexclamation



お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。