豪ドルが大幅下落する?!

29日のロイターによると、豪準備銀行(RBA)のスティーブンス総裁が、交易条件の悪化を考えると、豪ドルは将来のいずれかの時点で「大幅に」下落する可能性が高いとの見解を明らかにしたそうです。

私も含め、日本人は、先進国で、結構取引高があり、以前ほどではないにしろスワップ金利がもらえる豪ドル円取引が大好き黒ハート

中国の景気も翳りがしっかり現れ、鉱山投資も減速してるようです。

だから、日本も円安に持って行って、景気浮上を狙ったように、オーストラリアとしても、豪ドルが下落すれば、輸出関連セクターが恩恵を受けると考えての言わば、豪ドル安誘導発言なんでしょうね。

総裁は、豪ドル相場が「異例の高さ」に上昇していると発言。「国内のコスト・生産性の相対的な水準をみると、そうした為替レートには裏付けがない」と述べ、さらに「交易条件は今後改善ではなく悪化する公算が大きい。このため、将来のある時点で豪ドルが今のレートから大幅に下落する可能性が極めて高い」と述べたそうです。

実際、総裁の発言を受け、米量的緩和の縮小見送りなどの影響で過去2カ月で約8%上昇してた豪ドル、一時1豪ドル=0.9541米ドルまで下落。

現在過去最低の2.5%となってる政策金利も、追加利下げするのかもしれませんね。

そうすれば、以前ほどうま味のない、いわゆる金利差によるキャリートレードがますます減り、豪ドル安になりますからね。

私としては、嬉しくないですが・・・もうやだ〜(悲しい顔)

でも、景気はサイクルだから、低迷した後、また復活します。

その時を楽しみにします。わーい(嬉しい顔)
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。