余命はこれだけ?デスノートならぬ「The Death Clock」であなたの寿命診断!

ちょっとショッキングだけど、面白いサイト記事を発見しましたよ〜!


その名も


         「The Death Clock(死の時計)」



(ここから記事抜粋)

もし、自分の死期が間近に迫っていたらあなたはどうします?

悔いのないように、残り時間を使って夢にチャレンジしますか。

それとも、変わらない日常生活を過ごし、穏やかに最後の時を迎えますか。

いきなりヘビーな話題で申し訳ありません。けれども、人間というのは自分の死期を悟って初めて人生の価値に気づいたり、意義を見出すことができるといいます。

もし、今、あなたがマンネリな人生に飽きていて、自分を見つめ直す刺激やきっかけが欲しいと思っているのなら、ぜひ「The Death Clock」で自分の寿命を調べてみてはいかがでしょう?

この「The Death Clock(死の時計)」はその名の通り、あなたの余命と命日を教えてくれる、いわば死を宣告するサイトです。

さあ、さっそく誰も知らない"運命の扉"を開けてみましょう。

…などと厳かに言ってみましたが、すでに皆さんがお気づきの通り、これは完全な"ジョークサイト"。

「縁起でもない」と思う人もいるかもしれませんが、かたく考えず、物は試しに気軽に診断してみてください。

海外サイトなので当然表記は英語のみですが、寿命の調べ方はとても簡単です。

必要なデータは7つ。生まれた年・月・日、性別、モード(Normal:普通/Pessimistic:悲観的/Sadistic:サディスト的/Optimistic:楽観的)、BMI、喫煙の有無を入力します。

BMIや喫煙まで入力するところが、ちょっと本格的っぽいですよね。

すべて入力が終わり、最後に「Check Your Death Clock」を押せば、ドキドキする間もなく、あっという間に"死亡予定日"が告知されます。

自分の運命がこんなに簡単に分かっちゃっていいんでしょうか!?

と叫びたくもなりますが、そこはジョークサイト。

結果が吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、真剣にとらえて前向きに生きるもよし、話のネタに笑いとばすもよし。どう判断するかは、あなた次第です。

人生にちょっと悩んだときの気分転換にもぴったりな「The Death Clock」、興味を持った人はぜひ一度試してみてはいかが?

(ここまで)

詳しくは ↓
http://news.livedoor.com/article/detail/3078137/


さっそくJenniferもやってみました。

あ〜よかったexclamation

まだまだ人生やり直し時間は残されてました。わーい(嬉しい顔)


さて、あなたもやってみるexclamation&question


The Death Clockのサイトは、ここで〜す。





お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。