為替(FX)カテゴリの記事一覧

FXも株も大暴落で儲けた日本人

FXや株がサブプライムローン問題で大暴落して大損した人が多い中、大儲けした日本人も結構おられるそうですダッシュ(走り出すさま)
なんとも羨ましい話もありますが、「投資の極意」ってところもあるので、読んでみてくださ〜い。

金持ちオバチャン・トーサンの高笑い

8月24日10時0分配信 日刊ゲンダイ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070824-00000015-gen-ent

米国発サブプライムローン(低所得者層向け住宅ローン)・ショックで、円高になるわ、株は暴落するわで世界中が大騒ぎしている時に喜んでいる人たちがいるらしい。その主は「金融資産1億円以上のオバチャンやオジサンたち」。

最近株式セミナーを開いた証券幹部がこう言う。
「参加した50代、60代の熟年層は1ドルが111円なんて安くてヨダレが出ちゃう、ユーロも下がったから買っちゃいましたとアッケラカンと話すんです。大根でも買う感覚でね」

彼らは少ない資金で投資できる“FX(外国為替証拠金取引)族”でもある。円が急騰して損したはずではなかったか。
「損したのは証拠金の何十倍ものレバレッジを利かせた人たち。彼らは数円円高に振れたら損するリスキーなやり方をしていた。今動いている人は無理しない。 1ドル=120円で始めて1ドル=60円にならないと損しない買い方をする。だから円高になったからといって慌てて売らず、円安になるのを待てばいい。資金に余裕があり泰然としたものですよ」(前出の証券幹部)

中には先週末1ドル=111円台で買って、週明け20日の115円で4円得した人もいるそうだ。もちろん、日本株も買う。わずか3週間ほどで日経平均株価が約3000円も急落しただけに「ビッグなバーゲンセールがやって来た」とニコニコだ。

サブプライムローンで一儲け狙うヤカラもいるという。どういうこと?
「サブプライムローンで失敗したヘッジファンドなどが投資していた米国の住宅や不動産がこれからジャンジャン出てくる。それを狙って買うのです」

資産家のひとりがこう打ち明ける。
「目端が利く人はちゃんと手を打っている。叩き売られて相場の2分の1、3分の1で買える。おいしい投資でしょう。私はサブプライムローンが火を噴くことを知っていたのでこの2月に米国へ渡り、西海岸を望む10万平方メートルの土地を2000万円で購入したが少し早かったな」(前出の資産家)

1億円以上の金融資産を持つ日本人は147万人とされる。大金持ちにとってはサブプライムローン問題も円高も株安もへっちゃら、いや大歓迎なのだ。

私をはじめ1億円持ってない人も、こういう暴落した時、バーゲンセールで買う練習をしないといけませんね。

一時期の人気からちょっと下火になってるベトナム株やベトナムファンドなんてどうでしょう?
アイノマリーで夏は下りやすく買い時らしいのです。

詳しくは、『ベトナムファンド・ベトナム株投資で分散投資』を読んでね揺れるハート

お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。