為替(FX)カテゴリの記事一覧

豪ドル/円(AUD/JPY)

SBI FXTRADEの口座を開設したお客様限定のサービスの「今週の注目通貨テクニカル」は、きっとあなたも大好きな【豪ドル/円(AUD/JPY)】でした!

南アフリカのランド/円(ZAR/JPY)のスワップ金利は及びませんが、流通量が少ない新興国通貨は不安がつきもの。

その点、先進国で、しかも資源国のオーストラリアとなると、かりに長期保有しても、安心感が断然違いますものね。

それに、チャートはかなり素直だし、トレンドが出易く、やりやすいですよね。

だから、私も一番好き揺れるハート

昔、住んでたってこともありますが・・・わーい(嬉しい顔)

ただ、ユーロ/ドル(EUR/USD)なんかと比べると、スプレッドが広くって、短期売買するにはねあせあせ(飛び散る汗)ってところがありましたが、この業界最狭水準スプレッドのSBIさんだと、豪ドル/円ですら、

1〜1万通貨注文    ⇒0.85銭
1万1〜30万通貨注文 ⇒0.99銭

と、びっくりするような狭さ!わーい(嬉しい顔)

これなら、デイトレだってできそうですexclamation


SBIさんのレポート、抜粋してご紹介しますね。

(ここから)
AUD/USDは、先週下値の重要なポイント79.68を完全に(終値ベースで)下抜けず、下支えられて反転している。そして、直近のトレンドライン(青線)を上抜け、MACDで両線がクロスしたことから、目先堅調な展開も予想できる。

上値のポイントは、@80.91 A81.23 B81.55と考えられる。特に、@Bは重要と考えられる。@は、反転をする場合の重要なポイントであり、Bは一目均衡表の雲上限である。
また、雲下限(16日81.17、17日81.18、18日81.20、19日81.49)にも注目しておきたい。
そして、Bを上抜ける動きとなる場合には、83円台までの上昇も想定しておきたい。

また、一目均衡表の雲下限近辺で上値を抑えられ、下げに転じる可能性も想定しておきたい。その際、より敏感にシグナルを出すストキャスティクスで両線のクロスに注目したい。特に、20%台や70%台でのクロスは
比較的信頼度も高くなり、ローソク足の本数で6本から7本程度でシグナルを出すのが理想である。
ただ、それ以上となると信頼度は低下(短期オシレーターの欠点)するため注意したい。

このことから、週央まで上昇、その後反落するという動きも予想される。
下値のポイントは、@80.00 A79.68 B79.40と考えら、いずれのポイントも下値の重要なポイントと考えられるため注目したい。
(ここまで)

ご参考にしてくださ〜いるんるん


SBIFXトレード


お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。