為替(FX)カテゴリの記事一覧

SBI FXトレードで口座開設すると・・・

FX業界を震撼させたスプレッド(売りと買いの価格差)が超狭いSBIFXの口座開設すると、登録したメールアドレスに毎週火曜日に『今週の注目通貨テクニカル』というテクニカルレポートが送られてきます。

どんなのか興味があるでしょexclamation&question

今日(2012年10月9日(火))に届いたレポートを以下に載せますね。

(ここから)
┌──────────────────────────────┐
 今週の注目通貨ペアは、【豪ドル/円】・【米ドル/円】です!
└──────────────────────────────┘
業界最狭水準スプレッド!
豪ドル/円
■1〜1万通貨注文    ⇒0.85銭
■1万1〜30万通貨注文 ⇒0.99銭

米ドル/円
■1〜1万通貨注文    ⇒0.15銭
■1万1〜30万通貨注文 ⇒0.29銭

(ここに豪ドル/円の一目均衡表とMACDの大きく見やすい日足チャートが表示されてるんですが、私の腕では上手に表示できまず、割愛させていただきます。 ごめんなさい。もうやだ〜(悲しい顔)

AUD/JPYは、昨日下値のポイントである79.68を一時下抜ける場面もあったが、
値を戻して引けている。引き続き、ここを完全(終値ベースで)に
下抜けるかどうか注目したい。
一目均衡表では、基準線が転換線とのクロス後横ばいが続いていたが、
週明けに下向きとなったことや、MACDで両線が下向き継続と
なっていることから、下抜けには注意したい。

下抜ける場合には、@79.19(一目均衡表の下値計算値)A78.70 
B78.41(一目均衡表の下値計算値)近辺までの下げも想定しておきたい。
一方、上値のポイントは80.07、ここを上抜け、トレンドライン
(9日80.58、10日80.41、11日80.25、12日80.08)を上抜ける場合には、
一目均衡表の雲下限(81.43〜81.46 月〜金)近辺までの上昇も考えられる。

また、日柄的には、10月10日(±2日)に反転・加速の可能性が高まる
日柄であることにも注目しておきたい。


(ここにドル/円の三角もち合いの線もひかれた一目均衡表とスローストキャスティクスの大きく見やすい日足チャート、が表示されてるんですが、私の腕では上手に表示できまず、割愛させていただきます。 ごめんなさい。もうやだ〜(悲しい顔)

USD/JPYは、先週末と今週明けに一目均衡表の雲下限に上値が抑えられ、
反落となっており、6月以降雲が抵抗帯となっている。このことから、
今週の上値は、雲下限(9日78.65、10日78.65、11日78.74、12日78.68)近辺と
考えられる(雲を上抜ける場合には、上昇基調転換のシグナルとなる)。

また、下値は、トレンドライン(9日77.63、10日77.65、11日77.68、12日77.71)
近辺までの下げを想定しておきたい。そして、オシレーター系では、
ストキャスティクスが現状のもみ合いの動きにきれいにシグナルを出している。
これで見ると、目先の方向性が下向きとなっていることにも注目したい。

(ここまで)

無料なのに、充実してまするんるん

SBIFXトレード

お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。