株式市場における「恐怖指数」ってご存知ですか?@

株式市場における恐怖指数ってご存知ですか?
一時Jenniferも、毎日見てはエクセルでチャートを作ってたんですが、ここ数ヶ月穏やかな相場が続いてたので、面倒になって造らなくなってしまってたんですが・・・
下↓の記事を読んで、改めて毎日やっぱり続けないといけないものだなぁと思った反省。
是非、あなたもこれからこの恐怖指数に注目してみて下さ〜い。
恐怖指数が、ぴたり当たる訳ではないですが、一助になるかも揺れるハート

注目集める「恐怖指数」 サブプライムで高止まり 連鎖株安再燃の懸念

8月22日8時34分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

 米国のサブプライム(高金利型)住宅ローンショックに揺れる内外の株式市場で、「恐怖指数」と呼ばれる指標が注目を集めている。投資家の不安心理を示すもので、先物商品の取引で知られる米シカゴ・オプション取引所(CBOE)が算出している。米連邦準備制度理事会(FRB)の緊急公定歩合引き下げで、株価はひとまず落ち着きを取り戻しているが、恐怖指数は高止まりしたまま。市場関係者は「いつ連鎖的な株安が再燃してもおかしくない」(大手証券)と戦々恐々としている。

 恐怖指数の正式名称は「ボラティリティ・インデックス(VIX指数)」。日経平均株価と同じ、ニューヨーク株式市場の「S&P500種株価指数」を売買するオプション取引の動きを元に算出する。

 オプション取引の動向から株価の変動性(ボラティリティー)を推測する仕組みで、将来の相場が大きく変動するとの見通しが強まると、数値も大きくなる。

 例えば、1カ月で500円から550円に株価が上昇した2つの銘柄があったとする。上昇率は10%と同じでも、一方が10円前後の上げ下げを繰り返したのに対し、もう一方は100円前後の乱高下となっていた場合、値動きが激しいほど変動性は高まり、それだけ、投資リスクが高いことを意味する。

 恐怖指数も、相場が過熱し株価の上昇見通しが強まった場合も数値が上昇するが、先行き不安が高まった際に顕著に上昇することから、下落局面で注目され、「恐怖指数」と呼ばれるようになったという。

 恐怖指数は、米国株が急落した16日に一時2002年10月以来5年ぶりの高水準となる37・5まで急上昇し、終値ベースでも30・83となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070822-00000006-fsi-bus_all
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。