投資全般に関することカテゴリの記事一覧

大前研一さんのことば

あけましておめでとうございま〜す♪

朝からちょっといただいたお神酒でご機嫌です。

本当に安上がりだなぁと、自分でも笑っちゃいます。わーい(嬉しい顔)

ところで、大晦日大掃除やおせち作り、そして紅白を見たりで気づかなかったんですが、為替(FX)がまた大きく動いてたんですね〜。

2008年も激動の年になりそうです。

それで、今朝届いた私の尊敬する大前研一さんのお正月のことば、今年の投資の参考になると思うのでご紹介したいと思いま〜す。

 昨年、世界経済はアメリカ発の金融不安を心配するなど、
冷戦後続いていたパラダイムが大きな曲がり角に来ている
ことを感じる年でありました。

幸いお金の流れは「その他世界(ROW)」を中心に回り
始めており、私自身もかって四〇〇回も往復したアメリカに
一度も行かない年となりました。

学生以来初めてのことです。

一方ヨーロッパの拡大のペースは早く、しかも確実な物と
なってきております。

ウクライナ、ブルガリア、ルーマニア、クロアチア、
スロベニアなどをかなり細かく見ましたが、

世界経済に確実に組み込まれてきている、との
印象をもちました。

三十年以上前に書いた「企業参謀」がロシア語で出版された
(十月)のにも驚きましたが、モスクワ(五月)とサマラ
(十一月)で二度も講演に呼ばれたのも初めての経験です。

BBTでは「ロシア・ショック」を放映しましたが、
いま同名の本を執筆しております。

二年くらいかかった「心理経済学」も十一月にはようやく
上梓する事ができ、私の思いのかなりの部分をまとめることが
できました。

今年は安倍内閣の置きみやげである国民投票法案に期待して
新しい憲法の構想を出して行く予定です。

今の憲法は終戦の「始末書」のようなもので二十一世紀の
先進国「日本」の枠組みとしては欠陥だらけです。

二十年以上前に出版した「新・国富論」や「平成維新」でも
私案を出していますが、従来の不毛な憲法議論に嵌らない
ためにも、いま改めてこの問題を掘り下げてみたいと思います。

十二月には二番目の孫が誕生しました。貯めるな!使え!と
自分に言い聞かせながら今年もジジババ生活を満喫したいと
思います。


「貯めるな!使え!」は実践できてるんですが、大きく稼げるようにしたいものです。わーい(嬉しい顔)

FXについては、トルコリラFXで書いたので、そっちを読んでねるんるん

ベトナムも、ますます注目されそうだし、嬉しいなぁ揺れるハート
タグ:大前研一
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。