投資全般に関することカテゴリの記事一覧

歴史は繰り返す?!現在の欧州の状況って…

スペインの銀行に公的資金が注入されました。

そのことについての面白い記事を見つけましたよるんるん

載せますね。

(ここから)

欧州の株価を見ると6月ぐらいから既に大きく戻しています。
どこかで似たようなことがあったような…そうです2003年のりそな危機での日本の状況とかなり似ています。

日本では不良債権問題の処理までに10年以上を要しました。
その集大成とも言ってよいのがりそな危機です。
ただ、株式相場をみると、公的資金注入による救済の方向が決まった時点で株価は底入れし、実際の資金注入が行われる時は粛々と実行するだけといった感もありました。
今回のギリシャ危機に始まる欧州の問題も、要はサブプライムバブルと同時期に起こった欧州の株・不動産バブル崩壊によって不良債権問題が顕在化しただけと考えられます。実は、日本の1990年代初めの株・不動産バブル崩壊とまったく同じなのです。
違ったのは日本の経験から学んだ各国の対応が相対的に早かった事です。
日本が13年かけたところを、4年で処理できたのも日本の先例のおかげといっても良いでしょう(ただし、世界のどこからも日本に対する感謝の声は聞かれません)。
この見方が正しいなら、欧州株市場はここからが「大相場は懐疑の中で育ち…」という時期に相当し、ジリジリと上昇する可能性があります
また、量的緩和第3弾で米国市場も下支えされていることもプラス要因です。

(ここまで)

ね、面白いでしょ揺れるハートわーい(嬉しい顔)


お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。