投資全般に関することカテゴリの記事一覧

サブプライムローン

サブプライムローンがまた脚光を浴び、株も為替もオプションも大荒れバッド(下向き矢印)です。
今までのように、暴落してもケロっとすぐ立ち治るのでしょうか?
それとも・・・

調度NIKKEI BUSINESSでサブプライムローンのことを取り上げてるので、抜粋して載せますね。


深刻化の様相、サブプライム問題 1

2007年7月27日 金曜日 矢野 和彦

 米国のサブプライム住宅ローン(信用力の低い顧客層向けの住宅ローン)問題に対する懸念が急激に再燃してきた。6月下旬には、サブプライム住宅ローンを担保とする証券(RMBS)を組み入れた債務担保証券(CDO)に投資を行ってきた一部ヘッジファンドの大規模な損失が明らかになった。さらに7月に入ると、格付け機関がそれらRMBSやCDOの格付け見直しや引き下げに踏み切ったことを受けて、市場に動揺が広がった。

問題の所在は大きく2つに分けられる。

 第1は、過度なレバレッジ(少ない資金を元に借り入れを行い、借り入れを使って投資した商品を担保にしてさらに借り入れと投資を繰り返し、投資額を増やしていく手法)をかけて、サブプライム関連の証券化商品に投資していた一部のファンドが、サブプライムローン市場の悪化を受けて直面した、手元流動性の枯渇と損失の表面化という問題である。

 第2は、より本質的な、サブプライム住宅ローン自体の質的劣化の問題である。すなわち、住宅市場の調整やサブプライム住宅ローンのデフォルト(債務不履行)がさらに深刻化することで、関連する証券化商品の格下げが相次ぎ、それが投資家のリスク回避姿勢の強まりと他の債券市場などを含めた広範囲の信用収縮へと広がっていくリスクはあるのか、という点だ。

(抜粋しても長いので、次回へ。 読んでね揺れるハート
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。