投資全般に関することカテゴリの記事一覧

11月危機説

ようやく暴力的なヘッジファンドの追証や換金売りのための投げ売り暴落が終わって、オバマさんへの期待から上昇に向かったって感じでしたが・・・

証券口座を開設する人が急増してるとニュースになり、初めての株式投資で結構底値で買え、ほくそ笑んでおられた方も、このトヨタショックに、恐さを感じられたのではないでしょうか?

ダイヤモンドを読んでいたら、『11月危機説』が載っていたり・・・

こんな金融市場全体が混乱している時、不必要なリスクを取らないのが賢明かも知れません。

だって、何が起きるか予測することが困難で、もうここが底だ、なんてわからず、リスクに見合ったリターンが得られるかどうかの予測なんて、まったくもってわからない。

ここは、身を縮めて大人しく、混乱が過ぎ去るのを待つことが賢いようです。

でも、それでも「ピンチはチャンス!」とも言います!

昔から、有力投資家の中に、『火事場の泥棒』と称されるどさくさ紛れで安値買いを仕掛けて大儲けされる方がおられます。

市場が混乱すると、通常では考えられないような水準まで金融商品の価格が下落し、そこを狙って、バーゲンハンティング(安値買い)をして、儲けちゃうんです。

この間の日経平均7000円割れの時なんて、まさにそうだったんでしょうね。

私なんて、底なし沼に見えて、手が出ませんでしたが・・・

こういう時って、往々にして収益を上げる確率は高いですもんね。

とは言え、100%ではありません。

リスクをあまり取りたくない人は、やっぱりはじめに書いた市場が落ち着くまで、静観してるのがいいようです。

さて、逆三尊の形となった日経平均ですが、来週はどんな展開になるのでしょうね?




タグ:金融危機
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。