投資全般に関することカテゴリの記事一覧

高速扇風機

総悲観ムードで、日経平均は6,500円、へたをすれば5,000円まで行くかも、FXのドル円だと、80円はおろか50円説まで出てきていたのに、どれもこれも一挙に暴騰して、「何故、あそこで買わなかったんだろう!」と思っているのは、私だけではないはず。わーい(嬉しい顔)

そんなあなたに、「窓理論」で有名な黒岩泰さんが、あるところに今の相場のことを書かれていたのを、ご紹介したいと思います。

(ここから)

もし、扇風機に指を突っ込まなければならなかったとしたら、あなたなら「高速」「中速」「低速」のどれを選択するだろうか。――もちろん低速であろう。

低速ならば運が良ければハネを指で止めることができる。「高速」ならば巻き込まれて大怪我をするか、あまりの回転の速さに指が弾き飛ばさ
れるだろう。

今の相場は高速で回転する扇風機みたいなものである。値動きが激しすぎて指値が入らなければ儲けもへったくりもないが、万が一指値が入ったら扇風機の回転に翻弄される。決して無傷ではいられないということだ。

もし、傷を負いたくないのなら、この「高速扇風機相場」には参加しないほうが良いだろう。多少の傷を負っても、利益を得たいというのならば参加するが良い。ただし、たとえ指がもげても文句を言わないことである。

ある意味、「修行」に近い相場である。

(ここまで)

プロなら、「修行」も必要ですが、私たち個人投資家は、大人しく見てる方が無難です。

これで、底打ちしたかどうかも、怪しいですから。

大暴落 1929』を読んだんですが、今と本当によく似ています。

数週間暴落が続いた後、一旦暴騰するんですが、結局とんでもなく暴落していき・・・

あの当時よりは、各国連携して打つ手があって、回避できるかのようにも思えますが・・・

でも、同じことを引き起こしてるくらいですから・・・

「歴史に学ぶ」、是非『大暴落 1929』を読んでみて。

そして、低速扇風機になってからで、いいんじゃないでしょうか?!


お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。