分散投資・資産設計カテゴリの記事一覧

肥え始めたロシアマネーの向かう先は

ロシアのコーヒーショップでのケーキ1つの値段って、いくらだと思います?

な、なんと、650円〜700円もするんですって〜!がく〜(落胆した顔)

ロシア通貨危機で、ルーブルが売られ、安くなってる訳じゃなく、石油や天然ガスなど資源価格上昇で、好景気によるインフレのせいなんでしょうね。

驚いちゃいます。

そんなロシアのマネーは、いったいどこに行ってるのでしょう?

今朝のNIKKEI BUSINESSに、答えがありました。

 ロシアはサウジアラビアを上回る石油生産量と世界トップクラスの天然ガス、石炭保有量を誇り、このところのエネルギー高で相当に潤っている。そうしたロシアマネーはまず、高金利のロシアの銀行に行くか、国内の不動産投資に向かっているようだ。このだだっぴろいモスクワで世界的な高層ビル構想がいくつも浮上している。

 実際、世界の株式市場でロシアマネーの話はあまり出てこない。わずかに、インドや中東市場にロシア投資家の影が見える程度だ。株式よりも消費や不動産に向いている。このあたりの図式も10年前の中国に似ているようである。


ロシアの金利っていくらなんでしょう?

ちょっと検索してみたら、今現在はわからないですが、2月は11.5%ということで、今も10%以上あるみたいですね〜。

じゃぁ、ロシアルーブルでFXですよね!わーい(嬉しい顔)

FX-navi で、できるようです。

でも、流通量が少ないからか、USDRUBでもスワップ金利がちょっとです。ふらふら

ならば、やっぱりトルコリラFXがいいかな?!
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。