分散投資・資産設計カテゴリの記事一覧

今こそ海外資産運用に目覚めよ!

アメリカの金融不安を、「三菱UFJや野村證券が出資や買取をしてるくらいだから、日本は関係ない!」なんて思ってませんか?

決して、対岸の火事ではありませんよ〜!

日本は、恐ろしいほどの米国債を持ってるんですよ〜!

「でも、RTCのような75兆円もの金融安定法案が合意しそうだし、もう峠が過ぎそう。」

いえいえ、これでは完全に解決されないですよ〜!

ましてや、日本自体が国と地方の債務はもちろん、800兆円もの隠れ年金債務があるんですから!

となると、日本政府は、確実に国民から搾取する側に回るはずです。

いましばらくは、民主党に選挙に勝つために、おとなしくしてるでしょうけれど・・・

ちょっと古いですが、図書館に寄付する前に『大前研一 新・経済原論』と『大前流心理経済学』を読み返していました。

そこからちょっと抜粋します。

(ここから)

生活者である国民は、国家にだまされて搾取されないように、 自立した個人にならなければならない。

ただ成り行きで人生を送り、定年後には趣味もなく、妻や子供にも愛想を尽かされて、介護が必要になるのをじっと待つのでは、せっかくの人生がもったいない。

自分なりの人生設計を描き、定年後は計画通りのアクティブ・シニア・ライフを 過ごして、最後には“I had a good life! と言ってあの世に逝けるようにしたいものだ。

日本人が資産運用に目覚め、年金なども海外で資産運用するようにすれば、日本マネーは世界に大きな影響力を与えることになる。

年金が高利回りで運用できれば、日本人は老後に不安を持つことなく,
アクティブなシニア・ライフを楽しめる生きる余裕ができ、余剰資金を消費に回すことができる。

その結果、日本の景気が上向き、国の年金債務も解消するのだから、一石三鳥だ。

(ここまで)

すっさすが、師匠!

いいこと、本当に仰います。わーい(嬉しい顔)

では、具体的にどうすればいいでしょうか?

ノーリスクで学べるものをご紹介しちゃいま〜す。

海外ファンドウィークリーレポート+海外投資教材無料 プレゼント プレゼント

ちなみに、海外投資教材って定価55,000円なんですよ〜。

それが、ただ!

しっかり、防衛しながら、増やしていきましょう揺れるハート

 
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。