分散投資・資産設計カテゴリの記事一覧

とっておきの資産運用の方法B 為替リスクはどう考える?

マネックス・キャンパスで掲載されてるさわかみファンドの澤上篤人さんの「とっておきの資産運用の方法」も3回目になりました。

今回は「為替リスクはどう考える?」です。

今まで円安できたけれど、サブプライムローン問題で、アメリカの景気減速懸念があって、なんだか円高になりそうですから、とっても気になるテーマですよね。

どう澤上さんは考えておられるのでしょう。

対話形式のままのせますね。

質問者
日本は輸入に頼っている面もあるので、為替リスクは考えたほうがいいと思っているのですが、どう思われますか?つまり、円のほかにも外貨で持っているとか、そういった対策は必要だと思いますか?

澤上さん
ちょっと聞くけど、将来外国で暮らすの?

質問者
う〜ん、今のところ考えてないですね。国内でいいかなって思っています。

澤上さん
そうすると、一生日本にいるという前提の下でやらなければならないことが何かというと・・・・・。

円資産の最大化だよね。円の支払い能力を高めておくことは、絶対に重要なことなの。だって税金がどれだけ高くなろうが、それを支払えればいいんでしょ?
インフレになったって払えればいいんだよね?

質問者
はい。

澤上さん
だから、何でも円で払えればいいわけ。なのに、何でそこに為替を絡ませるのか。為替って一番難しいの。生きている間に何十万回変動するかわからないでしょ?そんなに激しい動きをするところにお金を働かせにいくのは、可愛そうだよ。

質問者
その考え方って、澤上さんの「お金の哲学」みたいなものですか?

澤上さん
そうだね。生きている以上は、自分なりの美意識を大切にしたいし、人間らしく生きていきたいし、いろいろな思いをこめて、優しく生きていきたいよね。
そういう考えでいい世の中を作って、子供や孫にいい世の中、社会を残せたらいいよね。その方向で自分も頑張るけど、お金にも頑張ってもらうわけ。人間的に扱ってね。


びっくりしました〜。

リスクヘッジに国際分散投資をって言われるかと思っていたら・・・

色々考え方がありますね〜。

それに、「為替って一番むつかしいの。(中略)そんなに激しい動きをするところにお金を働かせにいくのは、可愛そうだよ。」って・・・ふらふら

保有していたらスワップが貰えるし、株よりも売りがしやすいFXが大好きな私としては、超びっくりでした〜。


なぜ、長期投資なのか?
「株価が下がったときどうすればいい?」も読んでね。
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。